紙粘土で目地」 ~DIY!タイルの施工アイデア~

タイルの目地に紙粘土を使ったらどうなるか?実際にやってみたので、ご紹介します。

1. なぜ紙粘土??

あるお客様が思いつきました。


レンガタイルを張った際の目地は、紙粘土で作っちゃえばいいじゃん!と。

目地を入れる場合、一発目地で仕上げる場合を除くと、通常であれば目地セメントを使用します。目地材はセメントの名の通り、水で練って、それを絞り袋に入れ、 目地に流し込んで、最後にコテで抑えて、という作業を行います。また、目地セメントが垂れたりするので、周りは汚れないようにしっかり養生して作業する必要があります。


この方法、慣れるとスピーディーに作業できるのですが、ちょっとした面積を貼る際には、やはり手間に感じます。

そこで。


「紙粘土で目地」


です。買ってきた紙粘土を袋から出し、そのまますぐ目地として詰めていくことができ、粘土なので垂れることもなく、周りの汚れを気にしなくてすむ。

なんだかとてもメリットありそうです。

というわけで、「紙粘土で目地」を実際に試してみましたので、その様子を下記にてご紹介させていただきます。より手軽で、素敵な目地入れのご参考になれば幸いです。

タイルの目地を紙粘土で

2. タイルの貼り付け

まずは、下地にタイルを並べて、枚数と間隔を確認します。

タイルの割り付けを行う

割り付けが決まったら、タイルを張り付けます。

今回使うのは、プリックアンティークタイル。コテを使いながらレンガタイルにタイル用ボンドを付けて、しっかり押さえながら貼りつけていきます。(ちなみにレンガタイルを貼るための下地は、コンパネと端材で作っています。)端に貼る半端なサイズのレンガタイルは、のこで切り貼りつけ、最後に全体のバランスを微調整して貼り付け作業は終了です。


動画でチェック

3. 紙粘土で目地入れ

タイルの貼り付けが終わったら、目地に紙粘土を入れていきます。

今回使用した紙粘土はホームセンターにあった、手芸用紙粘土です。

紙粘土

ここから、レンガタイルの目地に紙粘土を入れていきます。紙粘土は袋から出し、そのまま少しずつ目地に入れていきました。目地が細い部分には、指だけでは紙粘土奥まで入っていかないので、コテで均しながら抑えました。


動画でチェック

コテで均して、目地ができたての写真がこちら↓です。

紙粘土で作った目地

★目地を入れてみて分かったこと。

【目地入れの作業にかかる準備が少ない!!】

目地セメントで目地を入れようと思うと、周りを汚さないよう養生したり、道具を準備して、水でセメントを練ったりと、結構大変な準備作業 が必要になりますが、紙粘土だと袋から出してそのまま使えます。これはほんと早くて楽ちん。

目地入れのスピードはセメント以下

目地セメントは絞り袋で目地に入れていくスピードと、紙粘土で目地を入れていくスピードを比べると、目地セメントの勝ち!となります。やはり、手で順々に目地を入れていく必要のある紙粘土は、 時間がかかります。

コテ跡が綺麗に・・・

目地セメントでもそうですが、目地材を入れた後はコテで抑え、全体を均します。この作業、紙粘土の方がコテの跡が残りやすくなります。紙粘土の硬さときめの細やかさ からだと思いますが、均す際にコテの跡がはっきりと残りやすく、気にすれば気になります。アンティークでアバウトな感じで仕上げる、とイメージするれば気にならなくもなります。気になる場合は、目地が固まった後で紙やすりで削るなどすると、いいと思います。

お掃除が楽

目地セメントを使うと、どうしても汚れます。絞り袋で目地を入れる際に材料が垂れたり、コテを入れる際に目地材の残りが落ちたりと、確実に汚れます。道具も汚れます。しかし!紙粘土の場合、垂れも無く、すこし床に落としたとしても、紙粘土なので安心・簡単に掃除ができます。これは楽でした。

壁面にレンガ風タイルをDIY

壁面にレンガ風タイルを貼りたい方はこちらをご参考下さい!

プリックタイルの施行ガイド

カウンターをレンガ風タイルでDIY

手軽にイメージチェンジ

木製のカウンター台を「アイボリータイル」を使ってイメージチェンジしました。

壁面だけでなく、キッチンカウンターの下や、ニッチの背面、家具、什器のイメージを手軽に変える事ができます。

→貼りつけの様子はこちら

DIYにおすすめの商品情報「レンガ風タイル」

【ブロンクスタイル】

アンティークなレンガを再現したレンガ風タイルです。


【アイボリータイル】

シンプルで使いやすいレンガ風タイルです。


【コンクリートブロック風タイル】

コンクリートブロックの質感をそのままに、軽量なタイルにしました。加工も簡単で無機質なデザインが、シンプルでクールなタイルです。

pagetop