会社概要

社名

有限会社工房志楽 (こうぼうしらく)

所在地

〒731-3362 広島県広島市安佐北区安佐町久地251-209

設立年月日

平成16年5月11日

代表取締役

小松英介

建設業許可

広島県知事 許可(般-22)第32094

一級建築士事務所登録

広島県知事 登録13(1)第4434号

資本金

3,000,000円

取引銀行

広島信用金庫沼田支店 もみじ銀行沼田支店

事業内容

建築、インテリア用素材の開発、及び製造販売。
家具、什器の製造販売。
店舗の設計・施工、及び、住宅のリフォーム。

お問い合わせ先

電話:082-837-1521

Fax:082-837-1571

メール:sales@koubou-shiraku.com

地図

工房志楽の作る造作材について

【造作材とは】

建築に使用される材料は、「構造材」、「羽柄材」、「造作材」の3つに分けることができます。 その中の造作材(ぞうさくざい)とは、建築内部の仕上げ材の事を言います。天井に使う材から、階段板や壁材、または、ドア枠やケーシング、笠木など様々な種類があります。


【工房志楽とは】

工房志楽は、その造作材の中でもデザインの為だけの特殊な造作材を制作しております。まず最初に私たちはデザインの力を信じています。デザインが人の生活に影響を与える事ができるのか?デザインで世界をより良くすることができるのか?デザインとは何なのか?ずっと考えています。

私たちが思うのは、デザインは見せかけのものだけではないという事です。それは、その人の人生がどう変わるかに影響を与えるかもしれない物です。

素晴らしいデザインは、すばらしい体験を与えてくれます。

つまり、デザインは機能なのです。

私たちは、ただ見せかけの物でなく、それによって得られる体験をイメージしながら製品開発を行っています。そのために、ちょっと変わった製品が出来上がる事があります。

“特殊”の由来は、そんなところにあります。

私たちはまだ発展途上です。本当に素晴らしい体験をしてもらうために、日々新しいデザインの可能性を探っています。また、既存の商品の見直しもしています。

見たい世界を自らの中に持てるように、デザインを通して皆さまとともに歩んでいきたいと思います。

【日本製(Maide in Japan)】

工房志楽の製品は、すべて広島県の自社工場で製造しております。製品に使用する原材料から、製造、施工のアドバイスまで、安心して製品をご利用いただけるよう、製品開発から製造・販売まで一貫して行っております。また、自社工場で製造する強みを活かし、様々なご要望に対して柔軟に対応することができます。特注品のご相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

pagetop