その他の建材の最近のブログ記事

足場板のような色合いの羽目板

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんばんは。
明日町に出ます。工房志楽のこまつです。

さて、足場板のような色合いの羽目板。

ということで、ややこしいですが足場板ではないです。足場板の使い込まれ、
色あせた雰囲気を活かしたデザイン、良く目にします。

ということで、その風合を羽目板でやってみました。


IMG_1677.jpg


自然な色むら、色幅がいい感じです。
テスト品です。


工房志楽

扉の化粧直し

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、工房志楽の小松です。

今回は既製品の扉をアンティークにリフォームさせます。

まずは下の写真。リフォーム前の扉です。MDFにポリ合板が
貼りつけてあるよく見る扉です。


main23b.jpg


その扉に杉のアンティークな化粧板(3mm)を貼りつけましたのが
下の写真です。


main23a.jpg

アンティークな扉を製作する方法として、3mmの板を張り付ける
方法は加工しやすく、反り等の問題が出にくいといったメリットが
あります。

通常こういったのはツキ板とよばれる木を厚さ0.2mmくらいに薄く
スライスした物を使うのですが、薄くて表面に凹凸を付ける事がで
きません。
アンティークの風合いを出すためには表面の凹凸が無いと面白く
ありません。3mmの厚みがあれば、木の凹凸がしっかりと出て、
いい雰囲気に仕上がります。

また、既存の扉をそのまま再利用も可能で、コストを抑える事が
できるなど、いろいろと使えそうです。


では。


羽目板のエイジング加工方

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、工房志楽のこまつです。

昔からよく使われてきた羽目板。
その羽目板をエイジング加工してみました。

ということで、下のような感じの羽目板を作る場合の加工方法です。

①杉の羽目板(既製品、厚15㎜)の表面を帯鋸を使い傷を入れていきます。
②うずくりをかけ、表面の凹凸を出すとともに、傷をやわらかい雰囲気にします。
③塗装します。(今回はオスモを使い色を出してます)
 オスモは乾く前にふき取り、ムラを作ってやるのがいいです。オスモは
 色が豊富で、混ぜて好きな色合いが出せるので、デザインに合った
 エイジングが可能だと思います。

140923.jpg


140923a.jpg


ざっくりですが、以上!

杉の羽目板。そして、うずくり塗装

| コメント(0) | トラックバック(0)
ブラジルのワールドカップは大丈夫なのか!?
こんばんは、工房志楽のこまつです。

本日は製作事例です。

杉の羽目板にうずくり、そして塗装で仕上げた一品です。
和室に使用されるので、落ち着きのある綺麗な仕上がり
となっております。
  ↓

main22.jpg

ではまた。



パインのカウンター

| コメント(0) | トラックバック(0)
今宵もこんばんは、工房志楽のこまつです。

さて、下の写真はパイン材のカウンターです。
うずくりやラフな仕上がりになるような加工を行い、仕上げはウレタン塗装です。

131221.jpg

艶が出ないようにとのことなので、ウレタン塗装したあとに艶を消しました。

パイン材もうずくり可能で、凹凸もちゃんと出ます。ただ、ささくれが出てしま
うので注意が必要です。
ささくれが出ないようにうずくりする事もできますが、やはり凹凸は出にくく
なってしまいます。(うちの工房の小さい機械ではですが)

そういえば、今年の名古屋木工機器展に前田機工さんがうずくり機を展示
されておりました。 ちょっとほしいなぁ。。。

工房志楽

什器の製作

| コメント(0) | トラックバック(0)
んばんは、工房志楽のこまつです。

もう11月ですが、
下記の写真は10月に製作したお店用の什器です。


131101.jpg

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
このような什器も製作可能でございます。

では、何かありましたらお問合せを。


アンティークなフローリング

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんばんは、工房志楽のこまつです。


パインのフローリング材をアンティーク風に加工いたしました。

特徴は・・・
パインは塗装をするとなかなか味のあるいい表情になります。
傷が入っておりますので、物を落とすなどしてもまったく気にならないという
安心感があります。
ワイルドなお家には向くかもしれませんが、店舗等で使ってもらうほうが
いいかもしれません。

131007.jpg

というわけで、通常パインは扱っておませんが、ご要望に応じて製作いたします。
支給材への加工も、時によっては可能だったりします。

気になる方はお気軽に。

では。

工房志楽

アンティーク風な羽目板

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんばんは、工房志楽のこまつです。

さて、本日は羽目板の加工品です。
アンティーク風加工をしております。
主に壁面で使われますが、什器などでも使われます。

131001b.jpg

↓こんな感じで実加工の目透し無しの羽目板です。
サイズはオーダーに合わせて製作しております。

131001a.jpg



こんなのも製作可能です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちその他の建材カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはアンティークな棚板です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。