工房紹介の最近のブログ記事

モルダーのベアリング交換

| コメント(0) | トラックバック(0)
遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
今年も工房志楽をよろしくお願いいたします。

さて、今年もブログを担当していくことになります、片付け上手なこまつです。
どうぞよろしくお願いいたします。

弊社にはいろいろ木工機械があります。その機械の保守も大事な仕事です。
といわけで、昨年末に「モルダーのベアリング交換」を行いました。

このモルダーというのはとても働き者で、うちにはなくてはならない存在です。
このモルダーの調子が少し気になり、機械屋さんに聞くと、ベアリングを
そろそろ交換した方が良いとの事。仕事に影響が少ない年末を狙い、ベアリング
の交換を行ってもらいました。

moruda001.jpg

↑これがモルダー(ヴァイニッヒ製)

軸をモルダーから取り外します。

moruda002.jpg


軸についているフタを取り外します。

moruda002.jpg

反対側も外します。

moruda003.jpg

そして、(ここから機械屋さんの工場で作業となったので写真が有りません)
内部のベアリングを交換し、しっかりグリスアップして、再度蓋を取り付ける
とベアリングの交換はおしまい。

そして、モルダーに軸を戻してロックしたら完了。軸を回してもころころという
音がしなくなりました。


moruda004.jpg

機械屋さんいわく、ヴァイニッヒのモルダーは軸のベアリング交換が難しい
そうです。緩み止めにロックタイトが使ってあったり、専用の工具がいるなど、
機械屋さんの話を聞いていると面白かったです。

これでモルダーもしばらくは調子よくがんばってくれます。

台車

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんばんは。
こまつです。

消費税も上がり、気温も上がる。そんな日々をいかがお過ごしでしょうか?

さて、木材を載せておく台車。

みなさんどのような物をお使いですか?

木でできた台車や、鉄製の台車、はたまたそのままりんぎを置いてその上
に乗せたりなどなど。

うちは、下記のような台車を新たに導入いたしました。


じゃん!

daisya.jpg


単管パイプで長さの調節が可能!
ウレタン台車で重い物でも動きがスムーズ!
端材で作って一石二鳥!

これで、材料を動かせるようになって、工房が使いやすくなり
ました。

台車っていい。


工房志楽

縦軸の軸が、、、

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は火曜日。
こんばんは、工房志楽のこまつです。

木工機械にもいろいろありますが、縦軸(軸が縦方向に付いて
いるのでうちではそう呼んでいる)という機械があります。

1966年生まれなのでもう47歳。
今では数少ない菊川鉄工所製。

この縦軸、最近異音がし、なんだか不安に思いながらも使っていたら、
やっぱり調子が悪くなってしまいました。

そんなこんなで、急いで縦軸の軸の部分(下の写真)を取り外し機械屋さんへ
レッツゴ―。

130917a.jpg


おそらく内部のベアリングが悪いので交換することに。しばらく入院し、無事に
退院するのを待つことに。



130917b.jpg

↑軸を取り外された本体。
せっかくなので、綺麗に清掃して、軸が帰って来るのを待ちます。

47歳、たまに壊れてもまだまだがんばれます。




刃物の整理整頓

| コメント(0) | トラックバック(0)
夕焼けって赤い。
こんばんは、工房志楽のこまつです。

さて、本日の工房でのお仕事は刃物の整理整頓です。そう、整理整頓は大事です。
といわけで、下の木工加工用の刃物、全部頂き物です。
材木屋さんが使っておったのを譲り受け、使わせてもらってます。

130820.jpg


そんな刃物をできるだけ綺麗に整理整頓するための台から作っております。


130820b.jpg


そして、今日も日が暮れていく。。。

130820c.jpg

工房の紹介

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんばんは、工房志楽のこまつです。

昨年新しい工房に移り、ちらかっておった工房も徐々に片付けができてきました。

昔の工房では杉材を置いておく場所がなく、納期にお時間をいただいておりまし
たが、現在は化粧梁用の杉材も在庫し、急ぎのご注文にもお答えできるようにな
りました。


130603.JPG

化粧梁をお急ぎの際は工房志楽まで。
(お急ぎでないご注文も歓迎です)

工房志楽
http://koubou-shiraku.com

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち工房紹介カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは化粧梁です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。