2014年9月アーカイブ

羽目板のエイジング加工方

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、工房志楽のこまつです。

昔からよく使われてきた羽目板。
その羽目板をエイジング加工してみました。

ということで、下のような感じの羽目板を作る場合の加工方法です。

①杉の羽目板(既製品、厚15㎜)の表面を帯鋸を使い傷を入れていきます。
②うずくりをかけ、表面の凹凸を出すとともに、傷をやわらかい雰囲気にします。
③塗装します。(今回はオスモを使い色を出してます)
 オスモは乾く前にふき取り、ムラを作ってやるのがいいです。オスモは
 色が豊富で、混ぜて好きな色合いが出せるので、デザインに合った
 エイジングが可能だと思います。

140923.jpg


140923a.jpg


ざっくりですが、以上!

ブリックタイルのサンプル写真

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんばんは、もう秋ですね。
工房志楽のこまつです。

秋といえば収穫の秋。または秋刀魚の秋。好きです、秋刀魚。

さて、ブリックタイルの新しいサンプル写真をご紹介します。
見ての通り、濃いめ色合いから赤レンガ風の色合いまで、色の幅を作っています。

これまでのセメント系ブリックタイルでは難しかった風合を、根性と忍耐で作り出して
おります。

8月に渋谷のBarの内装で80㎡ほど使っていただきました。
数量によってはお作りできます。在庫は無いので現状受注生産となっております。


140917.jpg


それでは、良い秋を。

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。